スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆議院厚生労働委員会 「放射線の健康への影響」参考人説明より

2011.07.29 12:19|日々の情報 
すでにご存知のかたも多いと思いますが、
Twitter上でかなり話題になっています。
YouTube映像と内容書き出し。 

2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会
「放射線の健康への影響」参考人説明より 児玉龍彦 氏
(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)

http://sasuriya.net/


2011年7月27日 衆議院厚生労働委員会 児玉先生の質疑を編集
http://www.youtube.com/watch?v=LunV27H3oW8&feature=youtu.be


「放射線の健康への影響」児玉龍彦氏・衆議院厚生労働委員会7/27
内容を書き出している方のブログ 
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-626.html

児玉龍彦氏の緊急提案 (上記ブログより抜粋)
第1に
国策として、食品、土壌、水を、日本が持っている最新鋭のイメージングなどを用いた機器を用いて
もう、半導体のイメージ化は簡単です
イメージ化にして流れ作業にしてシャットしていってやるということの
最新鋭の危機を投入して抜本的に改善して下さい。
これは今の日本の科学技術力で全く可能です

2番目
緊急に子どもの被ばくを減少させるために新しい法律を制定して下さい
私のやっている、現在やっているのはすべて法律違反です
現在の障害防止法では各施設で扱える放射線量、核種等は決められています
東大の27のいろんなセンターを動員して現在南相馬の支援を行っていますが
多くの施設はセシウムの使用権限など得ておりません。
車で運搬するのも違反です。
しかしながら、お母さんや先生方に高線量の物を渡してくる訳にもいきませんから
今の東大の除染ではすべてのものをドラム缶に詰めて東京に持って帰ってきております
受け入れも法律違反。
全て法律違反です

このような状態を放置しているのは国会の責任であります
全国には、例えば国立大学のアイソトープセンターは
ゲルマニウムをはじめ最新鋭の機種を持っているところは沢山あります
そういうところが手足を縛られたままでどうやって
国民の総力を挙げて子どもが守れるのでしょうか
これは国会の完全なる怠慢であります。

第3番目
国策として土壌汚染を除染する技術を民間の力を結集して下さい
これは、たとえば
東レだとかクリタだとかさまざまな化学メーカー
千代田テクノとかアトックスというような放射線除去メーカー
それから竹中工務店とか様々なところは、放射線の除染などに対してさまざまなノウハウを持っています
こういうものを結集して現地に直ちに除染研究センターを作って

実際に何10兆円という金額がかかるのを
いまだと利権がらみの公共事業になりかねない危惧を私はすごく持っております


国の財政事情を考えたらそんな余裕は一瞬もありません
どうやって除染を本当にやるか
7万人の人が自宅を離れてさまよっている時に 国会は一体何をやっているのですか

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

sukoyakasaitama

Author:sukoyakasaitama
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。