スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東松山市】 保育園及び小・中学校給食使用食材の放射性物質事前検査の実施

2012.04.12 11:37|日々の情報 

【東松山市】 東松山市公式Webより転載

保育園及び小・中学校給食使用食材の放射性物質事前検査の実施

【平成24年4月12日更新】

 教育委員会では、保育園及び小・中学校で使用する給食用食材の放射性物質事前検査を
4月より原則として全食材について実施します。

検査方法

測定方法 NaIシンチレーション検出器によるガンマ線測定
測定機器 ベラルーシATOMTEX社製AT1320A
測定場所 東松山市学校給食センター
対象施設 公立保育園・民間保育園・学校給食センター・埼玉学校給食(株)
対象品目 原則、保育園(注1)及び学校給食で提供する献立ごと(注2)
測定項目 放射性セシウム134・137
検出限界 20ベクレル/キログラム(20ベクレル/キログラム未満は「検出せず<20」と表示します)
測定方法 提供する献立ごとの食材を1リットルのマリネリ容器に試料を入れ、それぞれ測定します

結果公表

学校 学校給食の結果については、給食を提供する時間前までに市ホームページで公表します
保育園 保育園給食の結果については、各保育園で公表します

 教育委員会で実施する事前検査で1キログラム当たり20ベクレルを超える数値が検出された献立は、
園児及び児童・生徒には提供しません。

(注1)保育園では、昼食及びおやつに使用する1日分の食材(油脂類・調味料を除く)を1つにし、測定します。公立保育園では毎日、また民間保育園については7園を2グループに分けて隔週ごとに実施します。

(注2)小・中学校で食する主食の食材(ご飯・パン・麺類)については、契約先である(財)埼玉県学校給食会において、地場産のキヌヒカリ及びパン・麺類に使用される小麦粉につき放射性物質検査を実施済ですが、念のため学期ごとに1回程度、また牛乳についても同様の頻度で検査対象とし実施します。また、ハンバーグやさかなのフライなどの単品はそれごとに、汁ものやサラダなどは、おかず単位を基本として測定します。

(注3)加工品のゼリー・チーズ・ヨーグルト等は測定対象外とします。





スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sukoyakasaitama

Author:sukoyakasaitama
FC2ブログへようこそ!

リンク

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。